FC2ブログ

記事一覧

ホーム(横須賀)で完全包囲されてギブアップ

前日23時の時点ではどしゃ降りの雨。ちょっと不安だったけど、午前3時半に起きてみたら天気予報通りに雨が止んでて一安心。いそいそとコマセを混ぜて出発の準備を整える。

4時半に現地に着いたけど既に日の出の時間は過ぎていて空は明るい。前日の雨で

いつも通り仕掛けを作る前にタモ網を組み立てるのは、以前、様子見に投げた第一投で40cmオーバーのチヌが釣れてしまい、タモ網がなくて素手で魚を引き上げようとしてバラしてしまった苦い経験から。

通いなれた釣り場なので底取りをしないでいつものウキ下で釣り開始。


潮は右から左といつもの流れで風もないのでフカセ釣りをするには絶好のコンディション。

しかし、いつものようにフグの猛攻に遭う。

エサがなくなったところで仕掛けを回収する時に、海面を引いてくるハリスと釣り針を10匹くらいのフグが追いかけてくるほどの猛攻です。さすがにここまでの猛攻は記憶にありません。

なんだか悪い予感しかしないけど、手数を増やして1回でも多くチヌのタナまでエサを届けることが大事と自分に言い聞かせてがんばります。

潮止まりの8時までやってアタリは1回のみ。結構キレイにウキが消し込んだけど乗らないどころかカスリもしなかったのでたぶんチヌじゃなくて大きめのフグだったのでしょう。


潮止まりだし、あまりにもフグがすごいので朝ごはんを食べてちょっと場を休ませてみます。

心が折れそうになりますが「ここから潮が上げてくるのでチヌが接岸してくるはず!」と自分を鼓舞しながら釣り再開。

オキアミは当然のごとく瞬殺なので、比較的エサ持ちのするサナギ主体で攻めてみますが、やはり瞬殺。


これまでは仕掛けを入れてからコマセを打つか、コマセを打ってから仕掛けを入れるか、あまり意識したことがなかったのですが、今回でよくわかりました。

エサ取りの多い時は、コマセを先に打ってエサ取りとチヌを寄せるポイントを作ってから、関係ないところに投入した仕掛けをこっそり流してコマセの上を通過させるようにしないと、到底釣りになりません。大変勉強になりました。


そして時間が流れて10時。コマセの在庫も少なくなってきたところであまりにもつけエサが持たないので気が付きました。

「もしかして底をとれてないんじゃないのか?」

オモリをつけて水深を計ってみたら約30cmほど底を切った状態で仕掛けを流していました。

これは先月までチヌ調査を繰り返していた際に海藻がすごくて、底を切らないことには毎回引っかかって1mも仕掛けを流すことができないので底を切っていたのですが、6月になっていつの間にか海藻が一掃されていたため、結果として底を切り過ぎていました。

これだけのフグに包囲されて、30cmも底を切ってたらそりゃ瞬殺されます。

底をはわせるくらいのべた底までウキ下を下げたところ、少しエサ持ちがよくなって「これなら釣りができる」という感触でしたが、時既に遅し。

灼熱の太陽が顔を出して気温もグングン上昇し、エサ箱のオキアミが茹で上がって白くなってしまったのでさすがにギブアップ。

釣果はフグのみという寒い結果で納竿となりました。

リアルタイムの釣り情報はこちら
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント