FC2ブログ

記事一覧

2018年初釣行:横須賀

あまりの寒さにすっかり冬眠してましたが、少し寒さが緩んだので2018年初釣に行ってきました。

筏や島周りでは既にのっこみシーズンが始まっているようで、SNSでは爆釣している人の写真をチラホラ見かけます。

私も沖に出ようかと悩みましたが、人と同じことをしてチヌを仕留められるような腕があるわけではないのでポカポカ陽気の浅場狙いでホームの横須賀に出撃してきました。


朝7時。海に到着すると鏡のように静かな海面です。
朝の海
朝焼けの美しい海を見ているだけでなんだか癒されます。

そして究極の澄み潮!

足元の海底が見えてるとかいうレベルではなく、沖の根回りまで全部見えています。

更に仕掛けを投入すると、やはり…

潮が全く動きません。

海に入れたウキが右にも左にも動きません。


『これは絶対釣れない』


悪い予感がプンプンしますが、とりあえずつけエサは必ずなくなるのでオキアミとサナギを交互に試しながら観察を続けます。

まあ、オキアミとサナギの両方がなくなる時点でだいたい犯人の目星はついてるわけですが…

打ち返すこと数十投。

つけエサどころか釣り針ごとなくなりました。


はい。フグ確定です。


『これは絶対釣れない』


悪い予感は確信に変わりましたが、10時半頃になってようやく潮が動き始めました。

濁りも入ってこれなら少しはチャンスもありそうです。

しかし、下げ潮なのでタイムリミットは1時間ほど。

潮位が+100を切るほど潮が下げると、超浅場のポイントなので水深が1ヒロ切ってしまうのでチヌの回遊を期待できません。


チャンスタイムは1時間程度。


チヌ針を3号から2号に落としたり、沖めまで遠投して根の向こう側を攻めたり、右手の方にある根に囲まれたプールを狙ったり、左側の根回りを攻めたりしましたが、全部ダメ。

諦めきれずに午後まで粘ってみたけど、どこに投げても最後までフグにもて遊ばれた一日でした。


本日の敗因は、潮止まりの時間はチヌの回遊がないとわかっていながらコマセをまき過ぎてフグを寄せてしまったこと。

タイドグラフを見ると午前0時から朝10時くらいまで潮位変化がほぼないという潮周り。

潮位が+100を超えている時間が長いからチャンスタイムも長いと思って出撃しましたが、潮位変化がないということは潮も動かないからチャンスもないということですね。また勉強になりました。

リアルタイムの釣り情報はこちら
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント